2011年04月01日

3DPVへの道(最終回)



やっと完成しました。
前半部を直す気力なし。
燃え尽きたぜ……真っ白にな……。
posted by ろーたろう at 02:36| Comment(3) | 3DPV制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PV拝見しました。積年の懸案がまたひとつ片付いたこと、まずはおめでとうございます。
デジタルな曲調と、シンボリックな画面が、良く調和しているように私は感じました。
各オブジェクトは効果的に配置されていますが、メリハリを強調すれば、より表現が深まったように思います。たとえばミクの無慈悲さを際立たせるなら、攻撃対象には人間らしさを持たせるとか。
3分45秒付近の回想シーンは「死の街で貴方を探して」に該当するくだりでしょうか、ストーリーの厚みが感じられて、気持が引き込まれました。
それでは、ろーたろうサンの次回作に期待しています。
Posted by NeZ at 2011年04月01日 17:59
お世話になってます。早速のコメントありがとう。

「敵」を人間らしくしなかったのは意図的なものでした。
公式にはミクは戦いにたずさわることはないとされているので、
PVでも戦闘はなるべく抽象的・象徴的な表現とし、
人間を傷つける印象を与えないよう配慮したつもりです。

今後は育児と仕事に追われる生活となりますので、
「次回作」はもう無いのではないかという気もしますが、
また気まぐれで何かを作ってしまうかもしれませんね。
え、「kiz'na」? 何それ聞こえなーい。
Posted by ろーたろう at 2011年04月02日 21:38
こんにちは、ぼくひろあき5さいだよ。
あけみおねーちゃん、すみれおばさん、
ともぞーじーちゃんもいるよ。

そちらのホームページ、メーサクだらけだね。
カンゲキしたよ。
ところで、パパのベッドのしたからほんを
みつけたんだけど、かいたひとのなまえ、
カンワジテンでしらべたら”ネコゲン”ってかいてあったよ。
”プレゼント”ってマンガ、エガオで出迎えてくれたんだよ!

このマンガ、よーちえんでみせたらおとこのこたち
”おおおおお!!”ってさけんだんだよ。
だけど、おんなのこにみせたらほっぺをたたかれたんだよ。
せんせーにまでそのほん、とりあげられたし
なぜかなぁ?

じゃあね。
Posted by ひろあき at 2011年11月26日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。